一日3分で読める最新映像ニュース

2018年05月22日

作品紹介:UNDERGROUND FRUSTRATION (El Popo Sangre)

2018年05月21日

【新製品紹介】

HTC ViveとVIVEトラッカーで可能な高精度な全身モーションキャプチャー「Orion」

年間ライセンス62,400円(税別)の低価格でリアルタイムでキャラクターを同期させることができます。IKinema Orionは、ゲーム開発、VR、シネマ映像、アニメーション制作、VTuber、トレーニングシステム、ソーシャルVRなどに活用できます。HTC Viveのエコシステムを利用することで、これまでのモーションキャプチャシステムに比べて圧倒的なロープライスで、高精度でハイクオリティなシステムを実現しました。HTC Vive、コントローラー、VIVEトラッカーを使い、6個から8個のトラッキングポイントで、VR体験者の動きをキャプチャーし3Dモデルを生成します。

3DCG向けパソコンはWindowsとMacのどちらがよいのか

3DCG向けパソコンとして、WindowsとMacのどちらを選べばよいのかについて考えてみます。2018年現在、CG向けのパソコンは、ずばりWindows!Windows OSは自作パソコンにもインストール可能。希望に応じて自由に構成を決められます。ショップで販売されているCG向けパソコンを購入すれば、自作する必要もありません。パソコン購入後も一部のパーツを自分で変更したり、ディスクやメモリを追加するなどアップデートも可能。MacはOSの単体購入や、別のパソコンへのインストールはできません。ハードウェアのカスタマイズも購入時に行うことが基本で、購入後に自身でカスタマイズすることはほぼ不可能です。

「SUITS Drawing -楽しくたっぷりスーツ男性をドローイング!-」6月23日 (土) 開催

趣味や仕事でスーツ男性を描くことが多い…けれども資料がなかなか見つからない、という方。生のスーツ男性をモデルにドローイングをしてみませんか?このドローイング会では、1. 色々な角度から。2. たくさん描いて。3. 身体で覚える、を趣旨として、1ポーズ3〜5分のクイックドローイングを行います。= 講師紹介 =砂糖ふくろう【本を読んで絵を描くブログ】SATOHBLOGの管理人。参加費:各部 5,000円 ※要事前登録(当日払い)

「Unityを使ったスマホゲームの3Dモデル・モーション・エフェクトテクニック」5月24日 (木) 開催

今回、エイチームが3Dグラフィックデザイナーの皆様に向けて、交流会を開催いたします。交流会では、エイチームのゲームを支える3DCGデザイナーが多数参加し、エイチーム流のゲーム開発方法や社内の開発環境をお話いたします。軽食やアルコールなどのお飲み物もご用意しております。また、交流会の前には「Unityを使ったスマホゲームの3Dモデル・モーション・エフェクトテクニック」と題して、各セクション(モデル、モーション、エフェクト)別に、スマートフォンでもリッチに見せるための工夫、Unity連携上の効率化事例、Unity上で編集を容易にするための環境づくりなど、「遊び甲斐のあるコンテンツ」をつくるための技術を、制作現場の3DCGデザイナーが開発事例を交えてご紹介いたします。

高品質キーイングツールや2D/3Dタイトル生成など新搭載「Boris Continuum Complete 11」【PR】

Boris Continuum Complete は、3Dオブジェクトやパーティクル、レンズフレア、カラーグレーディング、キーイング、トランジションなど、250以上のエフェクトを搭載するプラグイン集です。最新のバージョン11では、グリーンバック素材からクロマキー合成を行う高品質キーイングツール Primatte Studio、360VR動画専用のエフェクト、ルミナンスやクロミナンスの範囲を放送基準内に調整するブロードキャストセーフフィルタ、アップデートした2D/3Dタイトル生成ツール Title Studio など新搭載!搭載するエフェクトは、合計18カテゴリー。ビジュアルエフェクト、ジェネレーション、2D/3Dタイトル、スキンレタッチ、カラーグレーディング、時間制御、モーションブラー、VR、マッチムーブからキーイングまで、映像制作に必要な様々なエフェクトを網羅しています。

作品紹介:Juliette (Lora D’Addazio)

2018年05月18日

【新製品紹介】

「Premiere Pro パーフェクトガイド[CC対応版]」

本書は,ハイエンド動画編集ソフト「Premiere Pro」のリファレンスです。クリップの管理からカット編集,カラー調整,演出効果,タイトル,レンダリングまで,Premiere Proを使う上で,必要な操作がすべてわかります。400ページの大ボリュームなので,辞書として利用可能。仕事場に常備しておくと,困ったときにサッと調べられます。定価(本体3,500円+税)

Too「MODO モデリングトレーニング」

本トレーニングは、3DCGソフトウェア MODOのモデリングを学ぶ有償トレーニングコースです。工業製品のデザインモデルを作成する手順を説明する「プロダクトモデリングコース」、デザイン画像を元に3Dのキャラクターモデルを作成する手順を説明する「キャラクターモデリングコース」を用意しています。本トレーニングはMODO 無料体験コース/プログラムを受講された方、MODO 入門ビデオでMODOの操作を学習された方、もしくは同等のスキルをお持ちの方を対象とした内容となります。

「東北映像フェスティバル2018映像機器展」5月31日、6月1日開催

東北映像製作社協会は、今年度も「東北映像フェスティバル2018」を開催致します。放送関連の最先端機器や映像コンテンツ制作に関する最新情報に触れることができる東北地方で唯一の場となっております。また、会場では東北地方の映像制作会社や学生、フリーランサーなどから応募された作品を上映する「映像コンテスト」もあり、地元で制作された映像コンテンツを楽しむこともできます。

「ATOMOS + ProResRAW セミナー」5月21日、22日開催

「ProRes RAW と ATOMOSで実現する4KリアルタイムRAWワークフロー」をテーマに、セミナーを開催いたします。ATOMOSは、従来のProResに続き、ProRes RAWのハードウェアインプレメンテーションをAppleと共同開発してきました。今回のセミナーでは、ProRes RAWの特徴、メリットから、End to Endワークフローを、ATOMOSのCEO:Jeromy Youngが、エバンジェリストとして来日し、自ら実演を含めて詳しく説明します。

VFXプラグインの最高峰、プラナートラッキングの mocha を統合「Sapphire 11」【PR】

Sapphire 11 では、mocha Pro のプラナートラッキングとマスキング機能を統合しました。例えばお気に入りの Sapphireエフェクトを適用し、エフェクトパネル上のEdit Mocha から mocha を起動してのトラッキングが可能になりました。Edit Mocha は、リリース済みのすべての Sapphier 11(Adobe、OFX、Autodesk、Avid)で利用できます。更に第一線で活躍するアーティストによって制作されたビルダーエフェクトに基づく50種類以上のマルチエフェクトプリセットとトランジションプリセットを新たに追加しました。またCPUとGPUのベンチマークが精査され、スピードとパフォーマンスが向上しました。Sapphire 11 に搭載されるエフェクトとトランジションもパフォーマンスが向上しています。

作品紹介:YOUNG FATHERS ‘Toy’ (Salomon Ligthelm)