一日3分で読める最新映像ニュース

2018年11月13日

【新製品紹介】

Unreal でリアルタイムレイトレーシング「V-Ray for Unreal」発売

V-Ray for Unrealは、アーティストやデザイナーが新しいワークフローを習得する事なく、3ds Max、Maya、SketchUpから出力したV-RayシーンをUnreal Editorにインポートできるようにするプラグインです。また単にUnrealコンテンツに変換するだけでなく、Unreal上からV-Ray Next GPU にアクセスでき、フルレイトレーシングされた画像をUnreal Editorから直接作成することができます。V-Rayのライトとマテリアルは自動的にリアルタイム用の同等マテリアルに変換されます。加えてV-Ray用のオリジナルマテリアルも保持されるので、V-Ray用情報が失われる事もありません。

ライティング/動画編集/動画変換など、動画・音楽・写真のマルチメディア統合ソフト「Nero 2019 シリーズ」発売

『Nero 2019』シリーズは、ドイツの Nero AG社が開発した、ディスクライティング、動画編集、動画変換、再生・管理、に対応したマルチメディア統合ソフトです。本シリーズは、ディスク書込品質に定評のあるディスクライティングソフトです。また、動画編集機能では高品質な H.265/HEVC の入力・編集に対応し、4Kに最適化されたテンプレートや800種類以上のエフェクトにより、高画質ムービーを作成できます。作成したムービーは目的のデバイスを選ぶだけ、簡単操作で最適なフォーマットに変換可能です。