一日3分で読める最新映像ニュース

2018年05月18日

【新製品紹介】

「Premiere Pro パーフェクトガイド[CC対応版]」

本書は,ハイエンド動画編集ソフト「Premiere Pro」のリファレンスです。クリップの管理からカット編集,カラー調整,演出効果,タイトル,レンダリングまで,Premiere Proを使う上で,必要な操作がすべてわかります。400ページの大ボリュームなので,辞書として利用可能。仕事場に常備しておくと,困ったときにサッと調べられます。定価(本体3,500円+税)

Too「MODO モデリングトレーニング」

本トレーニングは、3DCGソフトウェア MODOのモデリングを学ぶ有償トレーニングコースです。工業製品のデザインモデルを作成する手順を説明する「プロダクトモデリングコース」、デザイン画像を元に3Dのキャラクターモデルを作成する手順を説明する「キャラクターモデリングコース」を用意しています。本トレーニングはMODO 無料体験コース/プログラムを受講された方、MODO 入門ビデオでMODOの操作を学習された方、もしくは同等のスキルをお持ちの方を対象とした内容となります。

「東北映像フェスティバル2018映像機器展」5月31日、6月1日開催

東北映像製作社協会は、今年度も「東北映像フェスティバル2018」を開催致します。放送関連の最先端機器や映像コンテンツ制作に関する最新情報に触れることができる東北地方で唯一の場となっております。また、会場では東北地方の映像制作会社や学生、フリーランサーなどから応募された作品を上映する「映像コンテスト」もあり、地元で制作された映像コンテンツを楽しむこともできます。

「ATOMOS + ProResRAW セミナー」5月21日、22日開催

「ProRes RAW と ATOMOSで実現する4KリアルタイムRAWワークフロー」をテーマに、セミナーを開催いたします。ATOMOSは、従来のProResに続き、ProRes RAWのハードウェアインプレメンテーションをAppleと共同開発してきました。今回のセミナーでは、ProRes RAWの特徴、メリットから、End to Endワークフローを、ATOMOSのCEO:Jeromy Youngが、エバンジェリストとして来日し、自ら実演を含めて詳しく説明します。

VFXプラグインの最高峰、プラナートラッキングの mocha を統合「Sapphire 11」【PR】

Sapphire 11 では、mocha Pro のプラナートラッキングとマスキング機能を統合しました。例えばお気に入りの Sapphireエフェクトを適用し、エフェクトパネル上のEdit Mocha から mocha を起動してのトラッキングが可能になりました。Edit Mocha は、リリース済みのすべての Sapphier 11(Adobe、OFX、Autodesk、Avid)で利用できます。更に第一線で活躍するアーティストによって制作されたビルダーエフェクトに基づく50種類以上のマルチエフェクトプリセットとトランジションプリセットを新たに追加しました。またCPUとGPUのベンチマークが精査され、スピードとパフォーマンスが向上しました。Sapphire 11 に搭載されるエフェクトとトランジションもパフォーマンスが向上しています。

作品紹介:YOUNG FATHERS ‘Toy’ (Salomon Ligthelm)

2018年05月17日

【新製品紹介】

マルチレイヤーアニメーションをワンクリックで実現するスクリプト「EditMonkey」発売

TypeMonkey や LayerMonkeyの開発者、Ebberts + Zucker から複雑なマルチレイヤーアニメーションの制作を実現する新しい After Effectsスクリプト、EditMonkeyがリリースされました。対応するソースはテキスト、もしくはレイヤー群。SourceからTEXT PANEL、もしくはLAYERSを選択してDO IT!をクリック、これだけで自動でアニメーションが生成されます。アニメーションのタイミングを調整する場合は、マーカー位置を調整するだけで完成です。例えばSourceからTEXT PANELを選択した場合、EditMonkeyでは文字ごと、単語ごと、行ごとでアニメーションを設定できます。また、テキストの静止やトランジションのオーバーラップ、イン&アウトを設定など、TypeMonkeyではできなかった細かな調整が可能になりました。

映像クリエイター向けサービス「Vook」がオンライン型学習サービスをリリース(β版)

株式会社アドワールは、国内で展開している映像クリエイター向けサービスの機能を拡張し、有料課金型サービスをβ版にてリリースしました。Vookは2016年1月にサービス開始以来、2年で6万人以上のユーザーを抱える国内最大級の映像クリエイター向けサービスに成長しました。今回、年額会員プランを新たに導入し、講師によるレクチャーを「動画と記事」で学習できる機能を追加しました。映像制作で利用される主なソフトウェア(Adobe Premiere Pro CC、DaVinci Resolve、After Effects)や機材の使い方(照明、音声収録、基礎講座)についての講座が閲覧でき、今後は毎月50本以上の講座が追加されていきます。価格:年額19,980円(税込み)

「Autodesk Maya パーフェクトリギングウェビナー パート1&2」Part 1:5月31日(木) 14:00〜、Part 2:6月7日(木) 14:00〜

Mayaでリギングにチャレンジしてみたい皆様向けに、プロフェッショナルのリガー、田島誠人氏が全くのゼロからリグを作成する様子をウェビナーでお届けします。しかも今回チャレンジするリギングでは、「ソラニン」、「デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション」などで著名な漫画家 浅野いにお氏のキャラクターにリグを仕込んでもらいます。さらに、オートデスクウェビナーの準レギュラー、MORIE Incの森江氏がスペシャルゲストとしてウェビナーに登壇。アニメーターとしての立場からもリグのポイントに関してコメントをいただきます。今までありがちなダイジェストではなく、プロのリグ制作の工程をじっくり見ることができます。

「第21回文化庁メディア芸術祭 受賞作品展」6月13日 (水) 〜6月24日 (日) 開催

第21回文化庁メディア芸術祭には、アート、エンターテインメント、アニメーション、マンガの4部門に世界98の国と地域から4,192作品の応募がありました。受賞作品展では、多様な表現形態を含む受賞作品と、功労賞受賞者の功績を一堂に展示するとともに、シンポジウムやトークイベント、ワークショップ等の関連イベントを実施します。国内外の多彩なクリエイターやアーティストが集い、“時い代まを映す”メディア芸術作品を体験できる貴重な12日間です。会場:国立新美術館(東京・六本木) 他

798のシェイプアニメーションを収録「Shape Elements Pack for Animation Composer」【PR】

Shape Elements Pack for Animation Composer は、ドラッグ&ドロップで適用できる798種類のシェイプアニメーションを収録するAnimation Composer専用のプリセット集です。VERSION 2 のリリースに伴い、オーナメントやブラシストローク、エナジーなど、尺調整が可能な154種類のプリセットと、51種類の尺固定のプリセットの合計205種類のアニメーションが追加されました。シンプルな操作で見栄えのするアニメーションを瞬時に実現します。

作品紹介:BLUE LAB BEATS | Oooo Lala (Black Sheep Studios – London)

2018年05月16日

【新製品紹介】

高速モーションブラープラグイン「ReelSmart Motion Blur 6」発売

ReelSmart Motion Blur (RSMB) は、撮影済みの実写映像や、3DCGアニメーションの動きのある部分に、自然なモーションブラーを後付けする映像アプリケーション用のプラグインです。例えば、3DCGソフトで作成したアニメーションにモーションブラーを追加するには、コンポジットのプロセスで、このリアルでレンダリング処理が高速な RSMB を使うのが非常に有効です。モーションブラーの後付けは、3DCGアニメーションの作業時間の短縮にも役立ちます。最新のバージョン6では、360度動画をサポート。スティッチの繋ぎ目を考慮したモーションブラーの適用が可能になりました。

新連載コラム「MODOレンダリング基礎編」開始

「モデリング編」「アニメーション編」「3Dプリント編」など、様々なカテゴリにおけるMODOの機能をご紹介している連載コラムですが、今回新たに「レンダリング編」を開始いたしました。レンダリングすると言っても、質感の設定がされてないことにはツマンナイですよね。ということで、第一回目はまずマテリアルの基本的な説明から行ってまいります!これら連載コラムでは、順を追って少しずつ解説していきますので理解もしやすいはず。MODOにどんな機能があるのかな、とチェックすると同時に、MODOを学んでいくための学習素材としても最適なコラムです。

リアルな3Dの衣装を作成「Marvelous Designer 7」【PR】

Marvelous Designer は、実際に洋服を作る工程をCGモデリングシーンで再現するハイレベルなクロスシミュレーションツールです。バージョン7の新機能は、Flattening:アバターにラインを描画してパターンを抽出することができます。Segment Darts:パターンのアウトラインにダーツ(つまみ縫い)を追加・調整することが可能になりました。Offset as Internal Line along curve:2つのセグメントの間にオフセットの内部ラインを生成できます。Modular Mode:パーツを組み合わせて衣服を素早くデザインすることができるモジュラー機能が搭載しました。Zipper:ジッパーを素早く簡単に加えることができます。など

作品紹介:Last Frames (from Yves Paradis)