HOME » カテゴリ一覧

Creators' Heads

2010年9月13日

クリエイティブの遺伝子 第4回:プログラマー Peder Norrby さん 其の二

HOME » インタビュー » 第4回 Peder Norrby さん 其の二

クリエイティブの遺伝子

プログラマー Peder Norrby さん

第4回

Trapcode オーナー兼プログラマー

Peder Norrby さん

ピーダー・ノービー

其の二:

プログラムを完成させるためには、集中して断固とした姿勢が大切
どのアイディアを実行するか決め、実現するまで根気よく続けることは本当に大変

■ プログラマーの普段の生活は?

プログラマー個人個人によって、違うと思いますが、私が仕事をする時間は、基本的に自由です。やる気のある時と、気分が乗らないときがあるので、仕事のスケジュールは毎日違います。プログラミング自体は面白いので、楽しんでいますが、1~2週間かけて、たった1つのバグを修正するときは、非常にストレスが溜まりますね(笑)。

普段は、夜遅くまで起きて仕事をしています。たまに、プログラムの問題がなかなか解消されない時は、寝て、朝起きて解決できることもありますが、基本的には夜型です。夜の方が、静かで作業に集中できます。生活リズムは規則正しくありません。疲れたら寝て、起きたら一日を始める感じです。仕事以外の誘惑もありますが、スウェーデンは静かな街です。集中できないときや頭が回らない時は、マシンから離れて、また仕事をやりたいと思ったら、始めています。

現在の仕事場

現在の仕事場

■ 仕事をする上でのモチベーションは何ですか?

製品開発の異なる段階で、色々なモチベーションがパワーの源になっていると思います。最初の段階では、まず自分の頭の中のアイディアを画面上で形にしたいという強い思いが涌いてきます。その後に、では実際に製品として完成させるにはどうしたら良いかと、新たなモチベーションが生まれます。それ以外にも、お金を稼いでビジネスを成功させること。そしてもう一つ、世の中に「Trapcode」が何をしているのか認識して認められたいというモチベーションです。「周りに認められたい」という人間が持っている気持ちも、大切なパワーの源泉になっていると思います。

たとえお金を稼いでいなくても、自分の頭の中のアイディアを、画面上で実現させるアイディアの考案はしていると思いますが、実際に製品を完成させることはしないと思います。なぜならば、その段階には異なるモチベーションが入ってくるからです。成功することはとても良いことだと思います。しかし私にとっては、少し怠け者になってしまう気がします。十分なお金があり、食べていけるということだからです。それは時に良くないことでもあります。しかし、ある意味では、リラックスしながら仕事ができるので良いことでもあると思います。周りに「凄いことをやっているね」と言われると、人は簡単にそれを信じてしまいます。それにより、謙虚な姿勢を失ってしまう時があると思いますが、それは好きではありません。

■ 仕事をする上での拘りがありますか?

プログラムを完成させる為には、集中して断固とした姿勢を持つこと、つまり根気よく続けることが大切ですが、時には一歩引いて今やっていることは正しいのだろうか、と見るようにしています。この二つのバランスを保つよう意識して仕事をしています。

また普段、他社のプラグインはダウンロードしません。一度、他社のプラグインを見てしまうと、なかなか頭から離れず、自身の製品開発アイディアの邪魔になってしまうことがあるからです。私自身のアイディアが沢山あり、それにフォーカスしたいので、進んで他社のプラグインをチェックしようとはしません。

自分の強みは、エンジニアとしての部分とアーティストとしての部分を兼ね備えているところだと思っています。ただし、自分の開発する製品に対して、ハードルを高く設定しすぎて、開発の支障になることもあります(笑)。

■ プログラマー同士の交流はありますか?

プログラマー仲間は多くはありませんが、最近、iPhone/iPad用の製品開発の為に新しいプログラマー、Jonatan Liljedahl(ジョナサン・リシュダール)を雇い始めました。彼は、Trapcodeからリリースした、iPhone用のミュージックアプリ「ProLoop」を開発してくれています。これまでTrapcodeをずっと一人でやってきたので、製品のプログラミングやアルゴリズムに関して話せる人がいませんでした。それを話せる仲間がいることはとても良いことです。

また、世界中に100人ぐらいの、製品のベータテスターと交流しています。彼らは、製品のアイディア出しを手助けしてくれることもあります。ユーザーからのリクエストは、常に受けています。製品を実際に使用しているユーザーとコミュニケーションすることは楽しいし、フィードバックは製品改善に役立つので、日本のユーザーの皆さんも是非こんな製品が欲しいやこんな所を改善してもらいたいというリクエストをぜひ知らせてください。

ご意見、ご要望を、ぜひCreators’ Headsあてへお寄せください。
ピーダーへお知らせ致します!
Creators’ Heads プラグインリクエスト係:info10@creatorsheads.com

■ 今、注目していることは何ですか?

iPad/iPhoneなどのモバイル機器に興味がありますね。新しいインタラクティブツールなので、とても面白いです。iPadは、ソファに座りながら、E-mailなどのチェックに使っています。絵を描いたり、ゲームができたり、多数のアプリケーションがあるのも魅力的です。私の頭の中のアイディアもiPadアプリケーションとしていつかお見せできると思います。

ほかには、モーショングラフィックやVFXでのパーティクル効果を、もっと追求することです。パーティクルシステムを改善して、より良いエフェクトが作成できるようにしたいと考えています。iPadは消費者向けのマーケットですが、After Effectsはプロフェッショナル向けのマーケットです。コンピューターに関する知識が豊富なプロフェッショナル向けに製品開発することは良いことです。After Effectsのマーケットは私にとってとても大切なものであり、ユーザーコミュニティーも素晴らしいので、After Effectsのプラグイン開発はこれからも続けていきます。

実現させたいアイディアは沢山あります。私のアイディアは、コンピューターグラフィック、オーデォオ関連のものです。アイディアを考えることに関して、苦労したことはありませんし、どんどん生まれてきます!(笑)大変なことは、どのアイディアを実行するかを決めて、それを実現するまで根気よく続けるということです。詳細については、企業秘密なので、ここでは話せませんが、やりたいことが沢山ありすぎて、実際に実現させる時間がないことの方が心配です。そのために、Trapcodeでも、もっと開発者を雇って、実現させるようにするかもしれません。現段階では、Trapcodeの新製品ラインナップは決まっていませんが、そのうちに決めることができると思います。100や1000のアイディアがあるので、どれを実際に開発していくかを決めることに、いつも葛藤しています。開発する製品プロジェクトの選択は、本当に難しいですね。

■ あなたにとって「クリエイティブ」とは何ですか?

とても難しい質問ですね。クリエイティビティが何なのか、なぜ起きたのか、はわかりませんが、今はそれを探究しているのだと思います。クリエイティビティは、とても興味深い現象だと思います。クリエイティブになるにはどうしたら良いかについては、実際には沢山のハードワークだと思います。あまり面白くない、きつい仕事もあります。多くの人はクリエイティブの楽しい側面であるアイディア出しにフォーカスしていて、逆の面である実行すること、イコールあまり面白くないハードワークを重要視していないような気がしています。これはとても重要なことです。なぜならば、アイディアを形にしないと、誰もあなたのクリエイティビティを見ることができないからです。私も、常にアイディアを製品として完成させることに苦労しています。

私は、比較的アイディアを出すことが楽にできます。それを実際の形にする為の作業、例えば一カ所のピクセルを変更したりするディテールワークは、つまらないですがとても大事なプロセスです。プログラミング自体は楽しんでやっていますが、面白くない時もあります。それはどの仕事においても同じだと思います。アイディアを考えることは楽しいプロセスですが、それを実行することは本当に大変なことです。実現したいアイディアだけは山のようにあるんですけどね(笑)。

Peder Norrby

■ (おまけ)好きな映画は?

「アイアンマン2」(2010年) 実はまだ見ていませんが、最初の「アイアンマン」(2008年)が大好きです。なぜならば、主人公がエンジニアであり、スーパーヒーローだからです!(笑) その他には、ブレードランナー(1982年)です。当時、この映画を見た時は大きな影響を受けました。あと、コメディー映画も大好きです。ピーター・セラーズの出演している映画は好きです。彼は、とても面白いコメディアンだと思います。

映画のVFXシーンで、エンジニアとして見て、パーティクルシステムが何かおかしいなと思う時は、そのVFXシーンがあまりよくない証拠だと思います。時には、VFXシーンの参考の為に、映画のVFXシーンをチェックすることもあります。ネットでは、VFXシーンのメイキングが公開されているので、有名な映画のシーンがどのように製作されたのかを見れるのは、凄く面白いですね。

■ 主な制作環境

・Mac Book 3GHz Intel Core 2 Duo
・Apple Xcode(プログラミング)
・Adobe Creative Suite CS4
・Spotify(作業中に聞く音楽用のストリーミングソフトウェア)