映像関連最新ニュース 個別記事

2017年9月29日

キヤノン、安定した高輝度表示と12G-SDI端子搭載、24型4K / HDRディスプレイ「DP-V2411」12月上旬発売

12G-SDI端子(IN / OUT各4系統)の搭載により、3G-SDI端子搭載の4KディスプレイではSDIケーブルを4本必要としていた4K / 60P映像の送受信が、12G-SDI対応ケーブル1本で可能になります。ケーブルの本数を抑制できるため、設置の手間やコスト、質量の削減に加え、省スペース化にも貢献します。現行機種「DP-V3010 / 2410 / 2420 / 1710」と同様に、放送向けのHDR方式である「Hybrid Log-Gamma」や、映画制作や配信向けのHDR方式である「PQ」、キヤノン独自のLogガンマ「Canon Log / Log 2 / Log 3」など、各種EOTFに対応。また、入力信号の輝度レベルを表示する波形モニターや、入力画像を輝度別に異なる色で表示するフォルスカラー機能など、各種HDR方式に対応した便利な撮影アシスト機能を備えており、HDR映像を効率的に確認できます。