映像関連最新ニュース 個別記事

2018年11月14日

池上通信機、4K映像素材確認用、31型4K LCDマスターモニタ「HQLM-3125X」発売

HQLM-3125Xは、12G-SDI信号(入力2系統、出力2系統)の他、3G/HD-SDI信号(入力5系統、出力5系統)に対応。更にHDMI信号(HDCP2.2対応)入力にも対応しているため、4K映像はもちろんHD映像など、複数の映像素材入力にフレキシブルに対応することが可能です。LCDパネルは、高輝度、高コントラスト、広視野角、高速応答、色再現性に優れた直下型LEDバックライト搭載の4K UHD(4096×2160)/10bitパネルを採用。4K入力画素をリサイズしないリアルな画素表示と忠実度の高い階調表現を実現するとともに、輝度は有効画面全域にわたり1000cd/㎡、コントラスト比100万:1を実現しています。希望小売価格:3,700,000円(税抜き)