映像関連最新ニュース 個別記事

2018年4月9日

EIZO、HDR映像制作用の31.1型4Kモニター「ColorEdge CG319X」発売

ColorEdge CG319X(以下、CG319X)は、ColorEdge CG318-4Kの後継機種で、デジタルシネマ規格であるDCI 4K(4096×2160)解像度の31.1型4Kハイエンドモデルです。映像制作市場向けの新機能として、HDR映像コンテンツ制作に必要なHDR入出力特性(ガンマ)である、PQ方式、Hybrid Log Gamma方式に対応。他、測定精度を向上させた内蔵キャリブレーションセンサーを採用し、経過時間による表示のずれを高い精度で補正します。さらに、AI(人工知能)を活用し、正確な表示を維持します。また、CG319XはHDMI端子、DisplayPort端子どちらもケーブル1本でDCI 4K/60p入力に対応しています。