映像関連最新ニュース 個別記事

2010年9月14日

キュー・テック、高品質で違和感のない3D映画を短期間で制作できる 標準化された3D映画制作プロセスを確立(PDF)

キュー・テックは、9月18日公開「THE LAST MESSAGE 海猿」の2D-3D変換作業を行いました。120分を超える実写大作では国内初の3D作品の2D-3D変換 を通して、高品質で違和感のない3D作品を短期間で制作できる、標準化された3D映画制作プロセスを確立いたしました。