映像関連最新ニュース 個別記事

2016年6月20日

Autodesk チュートリアル / Maya V-ray 第3回:V-Ray導入編〜MayaでV-Rayを使いこなすために〜 カメラとカラーマッピング編

Mayaで設定されたカメラは、V-Rayでもそのまま使用することが出来ます。しかし、V-Rayのようなグルーバルイルミネーション系のレンダラーは物理的に正しい光の強さを扱えるため、それ以前のレンダラーと比べて明るさのダイナミックレンジが格段に広がっています。CGでライティングを行ったときに白飛びしたら皆さんはどうしますか?ライトの強度を抑えて調整するのはVRayでは良い方法とはいえません。現実のカメラで露出補正をするようにCGでもカメラ側で露出補正をするのが正しい方法です。