映像関連最新ニュース 個別記事

2018年6月29日

C3D:機能や用途、価格などから考えるレンダラーの選び方

レンダラーを選ぶときに注意すべき点について紹介します。レンダリングの方向性は、大きく分けて「写実的な表現(フォトリアル)」と「非写実的な表現(ノンフォトリアル)」があります。レンダラーにはノンフォトリアルな表現ができるものもあれば、苦手なものもあるので注意しましょう。統合型CGソフトは、モデリング以外に、ヘア、ファー、フォグなど様々な機能を搭載していますが、外部レンダラーは必ずしもCGソフトの全機能に対応しているというわけではありません。例えば外部レンダラーがファーに対応しておらず、レンダリングできないということもあります。