映像関連最新ニュース 個別記事

2018年11月13日

Unreal でリアルタイムレイトレーシング「V-Ray for Unreal」発売

V-Ray for Unrealは、アーティストやデザイナーが新しいワークフローを習得する事なく、3ds Max、Maya、SketchUpから出力したV-RayシーンをUnreal Editorにインポートできるようにするプラグインです。また単にUnrealコンテンツに変換するだけでなく、Unreal上からV-Ray Next GPU にアクセスでき、フルレイトレーシングされた画像をUnreal Editorから直接作成することができます。V-Rayのライトとマテリアルは自動的にリアルタイム用の同等マテリアルに変換されます。加えてV-Ray用のオリジナルマテリアルも保持されるので、V-Ray用情報が失われる事もありません。