映像関連最新ニュース 個別記事

2017年6月2日

キヤノン、映像制作機器CINEMA EOS SYSTEMの新製品「EOS C200 / EOS C200B」7月下旬発売

EOS C200 / EOS C200Bは、新開発の映像処理プラットフォーム「デュアル DIGIC DV 6」を搭載し、映像の情報量を維持しながらデータサイズを軽くした新ビデオフォーマット「Cinema RAW Light」の4K映像をCFastカードへ記録することや、「MP4」の4K映像をSDカードへ記録することが可能です。2種類の4K映像を本体内に記録できることで、効率的に4Kの映像制作を行うことができます。「Cinema RAW Light」では、最大15ストップ相当のダイナミックレンジを持つ映像が撮影でき、高画質なHDR映像の制作に適しています。また、撮影現場でキヤノンの業務用4Kディスプレイと接続し、「ITU-R BT.2100(PQ)」に対応したHDR映像を確認することが可能です。