映像関連最新ニュース 個別記事

2017年9月20日

ソニー、新開発1.25型8Kイメージセンサーを搭載した8K 3板式カメラシステム「UHC-8300」10月発売

「UHC-8300」はイメージセンサーとプリズムの組み合わせにより、高解像度8K(7680×4320)で最大120pの高速撮影や、広色域でハイダイナミックレンジ(HDR)に対応した映像撮影が可能です。4K映像やHD映像の制作用途にも幅広く使えるよう、8K/4K/HD信号の同時出力に対応しています。お持ちの4K/HD制作機器と連携したシステム構築も可能です。また、8K映像から任意の4K映像を切り出して運用できる4Kカットアウト機能を搭載し、4K映像表現の可能性や制作の用途がより広がります。また、B4レンズアダプターと組み合わせれば、将来的にはB4マウントレンズが装着できるため、スポーツシーンなど高倍率のレンズが必要な制作現場においても、撮影に適した4Kレンズを幅広い選択肢から選べます。