映像関連最新ニュース 個別記事

2015年11月9日

ソニー、高解像4240万画素の35mmフルサイズセンサー搭載、サイバーショットRXシリーズ最上位機種「RX1R II」発売

本機は、有効約4240万画素の35mmフルサイズセンサーと画像処理エンジンBIONZ X(ビオンズエックス)を搭載し、高い解像感や広いダイナミックレンジ、さらに高感度・低ノイズ性能を実現。加えて、ZEISSゾナーT 35mm F2の大口径単焦点レンズを採用。レンズ一体型ならではの利点を生かし、イメージセンサー面とレンズ光軸の精密な一体調整を行うことでレンズの優れた描写性能を最大限に引き出し、画面の中心から周辺までを高精細に描写します。