映像関連最新ニュース 個別記事

2012年1月12日

パナソニック、ライカDCレンズ採用で、色にじみが少なくクリアな映像表現を実現デジタルハイビジョンビデオカメラ「HC-X900M」2月15日発売

新開発レンズ・従来比4倍相当の情報処理可能なエンジン・有効画素数657万画素の3枚のセンサー(トリプルセンサー)から構成される「3MOSシステム」を搭載しており、正確な色分解と高い色ダイナミックレンジで、高精彩な2Dおよび3D画質での記録を実現。また、ナノサーフェスコーティングを施したライカDCレンズ採用で、反射光を抑えゴーストやフレアを低減した色にじみの少ないクリアな映像表現が可能です。さらに虹彩絞りを採用することにより、味わい深いボケ味を実現しています。また、新規格AVCHD 3D/Progressiveにも準拠しています。