映像関連最新ニュース 個別記事

2017年2月28日

マスプロ電工、4K画質のVR360° アクションカメラ「KODAK PIXPRO 4KVR360」4月下旬発売

本体の前後に2つのレンズを搭載することにより、1台で死角のない4K相当の全天球VR映像が撮影できます。また、2つのレンズは155°と235°で、画角が違うことにより、スティッチラインが目立ちにくくなっています。2つの広角レンズを使ったVRモード、画角155°のレンズを使ったことにより自然な映像の4K撮影対応のFRONTモード、、画角235°の超広角レンズを使ったGLOBALモードの3つの撮影モードを搭載。カメラとテレビをHDMIケーブルで接続することにより、VRモード、FRONTモード、GLOBALモードそれぞれの映像を確認しながら撮影できます。