映像関連最新ニュース 個別記事

2016年12月22日

JVCケンウッド、高精細な4K60P撮影が可能な4Kカメラモジュール「GW-MD100」2017年3月下旬発売

本機は、奥行き117mm、質量800gの本体に、1350万画素の4K対応 Super35mmCMOSセンサーを搭載。マイクロフォーサーズマウントを採用し、撮影状況に応じて多様なレンズを装着して、高精細な4K/60p撮影が可能です。外部からのシリアル通信で離れたところからのフォーカス・アイリス制御が可能です。これにより、スタジオやロケ現場でのクレーン撮影やドローンによる空撮等の制作用サブカメラだけでなく、学術分野における高精細観察カメラや、道路、橋梁などの測量・監視用途としてPTZに組み込んで使用するなど、高精細かつ柔軟な設置性が求められるシステムに幅広く対応します。