映像関連最新ニュース 個別記事

2018年4月19日

Too、世界中の学生たちが3Dアニメーション作品を競う「ASIAGRAPH Realusion Award 2018」日本予選会を東京と名古屋で開催

ASIAGRAPH Realusion Award日本予選会は3D部門、2D部門と分かれております。「3D部門」48時間で3Dアニメーション作品を完成させ、日本予選会で勝ち抜いた上位2チームが台湾本選に参加することができます。「2D部門」48時間で完成させた2Dアニメーション作品を、WEB経由で申込提出します。選出された作品はASIAGRAPHの公式ウェブサイトで2017年9月末までに公表されます。非常に限られた時間の中でキャラクターアニメーション映像を作り上げるこの経験は、映像制作のプリビズ(ビデオコンテ・動画の試作)において、非常に役に立つ経験になります。