映像関連最新ニュース 個別記事

2016年5月16日

双眼鏡やスコープ、ファインダーなどをオーバーレイ!Final Cut Pro X専用プラグイン「Ripple Optics」発売

Ripple Optics は、スコープ、ファインダー、シャッターや双眼鏡などをタイムライン上の映像にオーバーレイして利用するFinal Cut Pro X専用のプラグインです。Ripple Optics内にある14種類のエフェクトからシーンに合うものを選択してタイムラインにドラッグ&ドロップ。これだけで、ターゲットとなる映像上にオーバーレイが完了です。もちろん細かい調整にも対応。例えば映像のフォーカスを調整したり、テキストの差替え、ファインダーの構成要素を調整することができます。