映像関連最新ニュース 個別記事

2018年2月7日

Adobe:Final Cut Pro 7ユーザーのためのPremiere Pro攻略法「第3回:苦戦必至の難関・オーディオ問題を攻略!」

Premiere Proのオーディオの扱い方はとても多様で、目的によって使い分けることができますが、その分Final Cut Pro 7に慣れている方にとっては戸惑う仕様が多いのも事実です。今回は、Final Cut Pro 7ライクなオーディオの扱い方ができる方法をご紹介します。まずはオーディオ調整の基本となる2つのミキサーパネルからご紹介します。1.オーディオクリップミキサー:クリップ単位でオーディオの編集操作を行いたい場合には「オーディオクリップミキサー」パネルを使用します。レベルの調整やパンの振り分けなどが可能です。ただし、Final Cut Pro 7と違い、レベル調整の上限が+6dBと低めに設定されています。