映像関連最新ニュース 個別記事

2018年10月23日

「書籍『エンターテインメントという薬』発売1周年記念ゲーム業界ワークショップ」11月1日 (木) 開催

株式会社クリーク・アンド・リバー社は、ゲーム業界へ就職したい学生と現役ゲームクリエイターを対象に、書籍『エンターテインメントという薬』(発行:株式会社Gzブレイン)の発売1周年を記念して、著者である株式会社サイバーコネクトツーの代表取締役の「ぴろし」こと松山洋氏をお招きし、「ゲーム業界で生きていくことの意味」を考えるワークショップを開催いたします。同書籍には「なぜゲーム業界を選ぶのか?」「何のために働くのか」ということを改めて考えさせる内容が詰まっています。当日は松山氏と一緒に、普段、それほど深く考える機会のない“ゲーム業界で生きていくことの意味”について、じっくりと考えていただきます。