映像関連最新ニュース 個別記事

2013年1月9日

ソニー、4K(3840×2160)対応「56型4K対応有機ELテレビ」の試作機を発表

従来の有機ELテレビでは、有機EL層を駆動して発光させるため、低温ポリシリコンTFT(薄膜トランジスタ)を用いていましたが、パネルの大型化には課題がありました。そこで、これまで研究開発を進めてきた酸化物半導体TFTを用いることで、56型という大型サイズながら、4K解像度の高精細なパネルを実現しました。有機EL素子構造には、従来から商品化で実績のあるソニー独自のスーパートップエミッション(Super Top Emission)方式を採用しています。