映像関連最新ニュース 個別記事

2010年11月26日

キヤノンITソリューションズ、FPGA搭載高機能画像入力ボード「Matrox Radient」シリーズ、ハイビジョン画像入出力対応「Matrox OrionHD」12月1日出荷開始

(1) FPGAを用いた高速処理を実現・専用チップをMatrox Imaging 画像処理ライブラリーで制御可能。・既存関数以外の処理を行ないたい場合は、QuartusIIとMatroxRadient専用の開発ツールFDKを用いて独自設計を行なうことも可能。(2) 複数の高速カメラからの同時取り込みが可能・Base規格のカメラからの4台同時取り込み、またはFull/Medium規格のカメラからの2台同時取り込みが可能・高速かつ高画素のカメラデータもリアルタイム転送が可能。