映像関連最新ニュース 個別記事

2018年1月22日

ソニー、カメラコントロールボックス「CCB-WD1」2月16日発売

ソニーは、PCからLANケーブル経由でカメラコントロールが可能なカメラコントロールボックス『CCB-WD1』を発売します。本機は、プレミアムコンパクトRXシリーズのサイバーショット『RX0』を用いた複数台撮影の可能性をさらに拡げるものです。『CCB-WD1』は、カメラ本体『RX0』と同サイズの約59.0×40.5×29.8mm(幅×高さ×奥行)の小型形状で、質量は約90gです。この2つを対で組み合わせることにより、LANケーブル接続による安定したネットワーク環境を生かしたコンパクトな構成による設置が可能となります。また、カメラコントロールボックスの制御信号をIP化することにより、 離れた場所に設置した最大100台のカメラを手元にある一台のパソコンで遠隔操作できます。