映像関連最新ニュース 個別記事

2016年11月15日

ソニー、4Kライブ制作ワークフローのフルIP化に向けてネットワーク・メディア・インターフェース対応の映像制作機器3機種、2017年3月以降発売

映像撮影からモニターに至るまで4Kライブ制作ワークフローで映像や音声のIP化を実現します。IPオーディオ マルチプレクサ/デマルチプレクサボード『NXLK-IP45F』は、マルチチャンネルオーディオのIP伝送方式における主要規格の「Dante」に対応し、映像に加えてオーディオを含むシステムのIP化を実現します。IPマルチビューアーソフトウェア『PWA-MV1N』では、表示画面を最大32面に分割し、ネットワークケーブル1本で接続した複数機器の映像を確認できます。さらに、SDI-IPコンバーターユニット『NXL-IP4F』を用いると、従来の放送業務用モニターに外付けしてNMIの信号で映像を表示できます。これらの機器によりモニタリングの環境もIP化し、システムを効率化します。