映像関連最新ニュース 個別記事

2018年7月13日

Autodesk チュートリアル / 3ds Maxではじめるエフェクト制作「第3回:mParticles Flowの応用」

トリプルアディショナル小張です。前回はmParticles Flowを使用して、リジッドボディーのシミュレーションをしていきました。今回はもう少しだけ踏み込んだ使用方法を紹介していきます。具体的には、mParticles GlueとParticle Skinnerを使用していきます。mParticles GlueとParticle Skinnerを使用すると何が出来るのか?を先に説明しておきます。mParticles Glueをヘルプで見てみると、パーティクル間のバインドを作成するテストと書いてあります。またGlueを辞書で調べてみると、「接着剤」等と出てくるかと思います。その意味通りの感じで、パーティクル同士を結び接着する機能になります。