映像関連最新ニュース 個別記事

2016年9月20日

フジテレビジョン、ソニーの大容量アーカイブストレージシステム「オプティカルディスク・アーカイブ第2世代」を導入

フジテレビは、2010年にソニービジネスソリューションが構築したニュース制作システム「F-BINUS」により、全国の報道情報をいち早く、的確に視聴者に届ける報道番組制作を行っています。 この度採用された「オプティカルディスク・アーカイブ第2世代」は、オプティカルディスク・アーカイブカートリッジ『ODC3300R(追記型)』と8チャンネル光学ドライブユニット『ODS-D280U』で構成する、最新の光ディスク技術を活用した大容量アーカイブストレージシステムです。