映像関連最新ニュース 個別記事

2018年5月14日

Cinema 4D 事例:旅 = 目的地。Pause Fest 2018のオープニングタイトルは、視聴者を世界旅行へ誘う

ニューヨークに拠点を置くアートディレクター、デザイナー、Toros Kose 氏は常に地図に興味を持っていました。その美しさに子供のように魅了されるのは、おそらく地図を構成する複雑な細部が彼の目を目を引いているのだと彼は考えている。Kose氏はいくつかのプロジェクトで地図を画像として使用してきたが、最近Pause Fest 2018のオープニングタイトルを作成を依頼されるまで、メインのビジュアルにはすることはなかった。KoseはMAXON Cinema 4DとOctane Renderを使用して、他の仕事の合間にタイトルに取り組むのに約7ヶ月を費やした。