一日3分で読める最新映像ニュース

2017年07月28日

Maya 2018新機能ダイジェスト (AREA JAPAN)


Maya 2018ではGUIの強化に始まり、ポリゴンモデリング、UV編集の刷新、インタラクティブグルーミングツールの進化、そしてArnold5サポートなど様々な機能強化を図りました。このビデオでは各機能を短時間で確認できます。生まれ変わったMaya 2018をご覧ください。

Pixologic、「ZBRUSH MERGE」8月5日 (土) 開催

Pixologicはこのたび、初の”ZBrush Merge – Summer 2017″へあなたを招待いたします。このイベントは1日、第一線で活躍するアーティストの制作を生で、彼らの作品や、 彼らのZBrushのワークフロー、制作プロセスを見ることができます。ZBrush Mergeはデジタルハリウッド 東京本校にて8月5日、9時から15時30分まで開催されます。すべてのプレゼンテーションは生放送にて配信されるため、 会場に来られない方もイベントを体験することができます。座席の数は100に限られており、事前登録を行う必要がございます。登壇者:松平 仁、芝 猛至、森田悠揮、Cedric Seaut とMarco Plouffe。

「フォトグラファーJingna Zhangによるライティングと絵画的なポートレートの作成」11月25日 (土) 開催

ニューヨークを拠点に、数多くのファッションシーンおよびファインアートにおいて世界的な注目を集めるフォトグラファーJingna Zhang氏登壇のセミナーです。Jingnaの仕事についての紹介。創造のワークフロー:インスピレーションから最終的なイメージまで。ライブデモ:照明例、美術肖像画法。アーティスト、マーケティング、ソーシャルメディアとしてのフリーランスビジネスなどについて。参加費:一般:16,200円 (税込)、優待:10,800円(税込)。先行優待受付:2017年9月1日(金)より開始。一般受付:2017年9月15日(金)より開始

ビープやグリッチ、クリック音など581種ロイヤリティフリーの音源素材「Essential Sound Effects for Animation Composer」【PR】

Essential Sound Effects for Animation Composer は、ベースやビープ、グリッチ、クリック音など、モーションデザインに特化した581種類のロイヤリティフリー音源素材を収録するサウンドエフェクト集です。Animation Composer 2 上からサウンドプレビューをしながら、モーションに最適なサウンドエフェクトをタイムラインに適用することはもちろん、Mister Horseアカウントからダウンロードした WAVファイルを Premiere Pro やAudition、Final Cut Pro X などで利用することもできます。

作品紹介:Effect Animation Reel 2015 (from Tetsuya Tatamitani)

2017年07月27日

【新製品紹介】

Telestream社、マルチチャンネルビデオキャプチャ&処理システム「Lightspeed Live Capture 2.0」

高速なテープインジェストワークフローを可能にするために設計された Lightspeed Live Capture は、高密度のログとキャプチャに対応しており、1 つのシステムで 4 台のテープデッキ制御とデジタイズを行う能力を持っています。Lightspeed Live Capture は、HD-SDI × 4 チャンネル、あるいは 4K/UHD × 1 チャンネルを、最大 60 フレームのあらゆる高品質なビデオフォーマットでキャプチャできる 1RU のアプライアンスです。オペレーター 1 人で 4 チャンネルを制御することも、オペレーター 4 人でチャンネル毎に制御することも可能なマルチテナント型の設計を採用し、オペレート効率を最大化しています。

「Premiere Pro 25thイベント、25時間で開催!」8月5日〜6日

2015年3月に結成され、Facebookで約800人のメンバーが集まるAdobe Premiere Proユーザーグループが、Premiere Pro 25周年を記念するイベントを8月5日土曜日から6日日曜日にかけて開催します。これまでもInter BEE会場や東京・大阪でユーザー会を開催するなど、その活動をFacebook以外の場でも広げてきましたが、今回は25周年にちなんで25時間ぶっ通しの企画とのことです。メイン企画は、アコースティック&ピアノインストデュオ「JUN&ちさ」の曲「エンジェルリング」ミュージックビデオ制作。一般からもこの曲からイメージされる映像素材(20秒×2本)も募集しており、25時間のイベントの中で、撮影から編集までを行います。また、ポストプロダクションを始め映像制作現場でPremiere Proを活用するエディターも多数出演、様々なコーナーが予定されています。

「【C3D勉強会】2017年夏のC3D勉強会!テーマはCinema4D!勉強会の後は暑気払い!」8月26日 (土) 開催

次回の勉強会テーマは「Cinema4D」です。Chubu3D参加者の間でもジワジワとCinema4D利用者が増えてきました。そんなわけでCinema4Dとはどんなソフトなのかを知るための会にする予定です。C4Dを持っている人も持っていない人もお気軽にご参加ください。MODO最新版のプロシージャルモデリングのデモも行ってもらう予定です。いつものように近況報告を行った後で、今年のCG、映像関連ニュースなどについてお話しましょう。主催 :C3D

ダイキン工業、「最新 海外CGコラボレーション事例セミナー」8月3日 (木) 開催

中国ドローンメーカーDJI社との共同製作オリジナルアニメーション「ROBOMASTERS:THE ANIMATED SERIES」、9月のCARTOON FORUMで発表予定の欧州共同製作オリジナルアニメーション企画「BALLOON MARCO」、中国の大手雨具メーカー天堂傘社との子供向けキャラクターブランディングなど、現在進行中のいくつかのプロジェクト実例を交えてダンデライオンがなぜ積極的に海外展開しているのか、今どのようにアニメ市場や企画、座組みの変化が起こっているのか、などをご紹介いたします。

ハイクオリティの360VR/ワンショットVRを実現「Entaniya Fisheye 250 MFT」【PR】

Entaniya Fisheye 250 MFT は、マイクロフォーサーズ™マウント規格に準拠するデジタルカメラに装着して利用できる魚眼レンズです。
Entaniya Fisheye 250 MFT は、従来のアクションカメラを利用した機材と異なり、マイクロフォーサーズ規格のカメラに装着することができます。アクションカムと比較してイメージセンサーが格段に大きいマイクロフォーサーズ規格のカメラで利用することで、同じ4K撮影であってもにシャープな映像を実現します。併せて、アクションカムの弱点であった低光量により発生するノイズやディティールの潰れも、マイクロフォーサーズを利用することで解決することができます。

作品紹介:THE NAIL / LEONARD WONG (from Daichi Yasuda)

2017年07月26日

【新製品紹介】

Mayaモデラー向け アドバンスモデル「SENSE-R0X3-R8X-QZ [MAYA]」

SENSE∞はイラストや画像、動画・音楽編集などに最適なクリエイターパソコンです。AMD製デスクトップ向け新プロセッサーブランド『Ryzen』において最上位クラスとなる『Ryzen 7 1800X』を搭載。これまでのAMDアーキテクチャーから更に進化した「ZEN」アーキテクチャーは、8コア/16スレッドで定格3.6GHz、Boost時には最大4.0GHzを達成。圧倒的なマルチスレッド性能をTDP95Wで実現しています。Pascalアーキテクチャを採用した『Quadro P2000』は、1024基のCUDAコアと5GBの高速大容量GDDR5メモリによって、より忠実度の高い複雑な視覚効果、解析を行うことが可能になりました。203,980 円(税別)〜

「最新版ドローン空撮GUIDEBOOK」7月31日発売

本書は2016年4月発刊の『ドローン空撮GUIDEBOOK』に加筆修正を行なった最新版です。ドローンのしくみや飛行方法、取り扱い等の基礎知識をはじめ、カメラワーク、2オペ入門など空撮のプロによるノウハウページも。また、ドローン飛行を行うために知っておきたい法律、航空法申請の体験記などこれから本格的にドローン空撮を始める人のための一冊です。Phantom 4 ProやMavic Proでドローンの仕組みや操作の基本を学ぶなど。定価:本体1,850円+税

チュートリアル講座が50%オフ!「CUBELiC チュートリアル サマーセール」開催

After Effects プラグインの基本操作からアニメーション技法までを習得できるビデオチュートリアル講座を、期間限定、50%オフでご提供致します。対象製品は、株式会社キューブリック制作のチュートリアル講座、3タイトル:CUBELiC Element 3D チュートリアル、CUBELiC Trapcode Form チュートリアル、CUBELiC Trapcode Particular チュートリアルです。お仕事の隙間時間など、自分の好きな時間に気軽に見れる CUBELiC チュートリアルを、プラグインの使い方の習得にぜひお役立てください。

惑星モデルやデブリ、フラクタルを収録。Element 3D で使える3Dモデル集「Space Fractal Designer Pack (Locus Pack + Fractal Rama)」【PR】

Locus Pack には、4Kテクスチャ付きの惑星モデルを10種類、デブリモデルを6種類収録します。Fractal Rama は、6種類の3Dフラクタルモデルと4Kのフラクタルイメージを30種類収録します。特に宇宙空間のシーンを制作する場合、Locus Pack に収録される惑星モデルと複数のデブリモデルを組み合わせてコンポジットすることで、簡単に、素早くリアルなシーンを実現することができます。さらに、Video Realm Media社の Fractal Rama に収録される3Dのフラクタルモデルをシーンに組み込むことで、宇宙空間をよりリアルに演出することができます。

作品紹介:NAOTORA [live] (from YUKIHIRO SHODA)