一日3分で読める最新映像ニュース

2018年11月15日

【新製品紹介】

かつてないほど効率的に、優れたアニメーションを制作「HARMONY 16」

世界中の2Dプロダクションの80%以上が、Toon Boomのソフトウェアを利用しています。新しいHarmonyは、この巨大なコミュニティーの沢山のクリエイターへのヒアリングを元に開発されました。そして、今回特に力を入れているのが、日本のクリエイターのニーズを元にした改善です。例えば進化したタイムシート機能を使えば、アクションやセル、カメラワークを作成できます。さらに、新機能のタップ割りモードを使えば、より自然でスムーズなアニメーションを短時間で作成できます。代替描画ビューやオニオンスキン機能を使えば、ワークフローが合理化されます。

従来比約1/3に圧縮可能、4K XAVCレコーダー「PZW-4000」2019年5月発売

ソニーは、4K映像の高画質を維持しながら、従来比約1/3に圧縮可能なビデオフォーマットXAVC-L422 QFHD 200に対応した、4K XAVCレコーダー『PZW-4000』を発売します。本機は、XAVC-L422 QFHD 200に対応した独自開発のコーデックチップ(2017年11月既発表)を搭載しており、本機1台で、4K HDR映像を高画質かつ低ビットレートで、収録・送出・トランスコードすることが可能です。併せて、本機専用のメディアとして、搬入に適した専用ケースを標準付属し、信頼性の高いSxSメモリーカード『SBS-240H』(240GB)を発売します。メーカー希望小売価格:5,700,000円+税

「Luca Visual FX Interbee 2018 セール」11月16日(金)18時まで開催

11月14日(水)から11月16日(金)18時まで限定で、 映像素材と音楽素材を20%オフで提供する Luca Visual FX Interbee 2018 セールを開催します。Luca Visual FX Interbee 2018 セールでは、Luca Visual FX社のすべての映像素材と音楽素材がディスカウント対象となります。トランジションやオーバーレイで使えるグリッチ素材集 Glitch Pack 1.0 やライトリークトランジションを収録する Film FX Transitions Pack 1.0、 500種類以上の音楽素材を収録する Mystery & Suspense など。汎用性の高いLuca Visual FX社のロイヤリティフリーの映像素材と音楽素材をこの機会にご検討ください。

「CONCEPT ART NITE 02」11月27日 (火) 開催

この秋、コンセプトアートのスペシャリスト集団 INEI主催のミートアップイベント「CONCEPT ART NITE 02」を開催いたします。今回の会場は、コミュニティ型ワークスペースとして最近話題の WeWork オーシャンゲートみなとみらい。横浜の湾岸エリアの夜景を楽しみながら、ドリンクを片手に語らいましょう。イベント内容は、コンセプトアートをテーマとしたLT(ライトニングトーク。10分程度のプレゼンテーション)を聞きつつ、ドリンク(20歳以上の方はビール飲み放題)と軽食を片手に皆さんで楽しく情報交換して頂く会です。一般参加枠:¥3,000。主催:株式会社INEI

選択したレイヤーを指定した形状に分割する After Effectsスクリプト「Divide & Corner」【PR】

Divide & Corner は、選択したレイヤーを分割し、分割後に生成したレイヤーのコーナーを指定したシェイプに処理を実現する After Effectsスクリプトです。スクリプトを起動したら、分割するシェイプを円、四角形、ひし形、三角形、六角形、レンガ形から指定します。その後、縦列と横列の分割数と隙間を指定します。引き続き Corner から角のシェイプ、AP からアンカーポイントを設定し、DIVIDE をクリックすると分割が完了します。

作品紹介:No Reason | Tōth (Official Music Video) (Amanda Bonaiuto)

2018年11月14日

【新製品紹介】

池上通信機、4K映像素材確認用、31型4K LCDマスターモニタ「HQLM-3125X」発売

HQLM-3125Xは、12G-SDI信号(入力2系統、出力2系統)の他、3G/HD-SDI信号(入力5系統、出力5系統)に対応。更にHDMI信号(HDCP2.2対応)入力にも対応しているため、4K映像はもちろんHD映像など、複数の映像素材入力にフレキシブルに対応することが可能です。LCDパネルは、高輝度、高コントラスト、広視野角、高速応答、色再現性に優れた直下型LEDバックライト搭載の4K UHD(4096×2160)/10bitパネルを採用。4K入力画素をリサイズしないリアルな画素表示と忠実度の高い階調表現を実現するとともに、輝度は有効画面全域にわたり1000cd/㎡、コントラスト比100万:1を実現しています。希望小売価格:3,700,000円(税抜き)

フラッシュバックジャパン、最大50%オフ「秋の大感謝祭セール2018」2018年11月19日 (月) 〜 11月30日 (金) 開催

フラッシュバックジャパンは、2018年11月19日(月)〜 11月30日(金)の12日間に限り、After Effects プラグインなど、映像制作を行うための様々なソフトウェアを、通常販売価格の最大50%オフで提供するスペシャルキャンペーン【秋の大感謝祭セール2018】を開催致します。キャンペーンにエントリーする開発メーカーは、人気ツールを有する Trapcode、Red Giant、Video Copilot、BorisFX、GenArts など10社以上!クリエイティブを刺激する世界中の映像制作ツールを、お得な割引価格で一挙ご提供するフラッシュバックジャパンだけのオリジナルキャンペーンです。

「Global Roadshow, SIGGRAPH Asia Exhibitor Talk, FOUNDRY Session 〜Weta Digital における映画制作現場の舞台裏〜」12月7日 (金) 開催

世界屈指のVFX制作会社であるWeta Digital社からゲストスピーカーをお迎えし、来たる12月7日(金)にSIGGRAPH AsiaのExhibitor Talk会場におきまして「Global Roadshow, SIGGRAPH Asia Exhibitor Talk, FOUNDRY Session 〜Weta Digital における映画制作現場の舞台裏〜」と題した映像制作のメイキングセミナーを開催いたします。

CEDEC+KYUSHU 2018「VRモード搭載のスマートフォン向けアプリ 『オルタナティブガールズ2』メイキング」12月1日 (土) 開催

「CEDEC(コンピュータエンターテインメントデベロッパーズカンファレンス)」とは、日本最大のコンピュータエンターテインメント開発者向けのカンファレンスです。オートデスクでは「VRモード搭載のスマートフォン向けアプリ 『オルタナティブガールズ2』メイキング〜MayaとMotionBuilderで実現した”圧倒的な可愛さ”と制作方法とは?〜」を予定しています。また、ブースではMayaとMotionBuilderを展示します。ゲーム開発における3Dキャラクターアニメーション、モーションキャプチャなどの手法を見ることができます。

生成、配置、操作に特化した After Effectsスクリプトを一挙紹介「Ability Easing 06」【PR】

After Effects で映像を制作するクリエイター必見の刊行物【Ability Easing】の第六弾!今回のテーマは、「生成」「配置」「操作」とし、Divide & Corner と Curva、Super Lines、Iterator c1.0 の4種類の After Effectsスクリプトを紹介します。Divide & Corner は名前から言うと『分割』、そして『コーナー( 角) 』になります。Curva はパスの形状を読み取り、始点と終点を設定することでそこを補間するアニメーションを作成するスクリプトです。Super Lines はシェイプレイヤーのパスやレイヤーの位置の遷移といった『軌跡』に対してラインアニメーションを生成するスクリプトです。Iterator v1.0 はタイトルが思い付かず同じような感じになったのですが、タイトル通りこのスクリプトはパスに沿ってレイヤーを複製配置するスクリプトです。

作品紹介:Vans x Slam Jam (MARZ)

2018年11月13日

【新製品紹介】

Unreal でリアルタイムレイトレーシング「V-Ray for Unreal」発売

V-Ray for Unrealは、アーティストやデザイナーが新しいワークフローを習得する事なく、3ds Max、Maya、SketchUpから出力したV-RayシーンをUnreal Editorにインポートできるようにするプラグインです。また単にUnrealコンテンツに変換するだけでなく、Unreal上からV-Ray Next GPU にアクセスでき、フルレイトレーシングされた画像をUnreal Editorから直接作成することができます。V-Rayのライトとマテリアルは自動的にリアルタイム用の同等マテリアルに変換されます。加えてV-Ray用のオリジナルマテリアルも保持されるので、V-Ray用情報が失われる事もありません。

ライティング/動画編集/動画変換など、動画・音楽・写真のマルチメディア統合ソフト「Nero 2019 シリーズ」発売

『Nero 2019』シリーズは、ドイツの Nero AG社が開発した、ディスクライティング、動画編集、動画変換、再生・管理、に対応したマルチメディア統合ソフトです。本シリーズは、ディスク書込品質に定評のあるディスクライティングソフトです。また、動画編集機能では高品質な H.265/HEVC の入力・編集に対応し、4Kに最適化されたテンプレートや800種類以上のエフェクトにより、高画質ムービーを作成できます。作成したムービーは目的のデバイスを選ぶだけ、簡単操作で最適なフォーマットに変換可能です。

「Global Roadshow, SIGGRAPH Asia アウトドアセッション@工学院 〜FOUNDRY Winter Tour 2018〜」12月6日 (木) 開催

米国ロスアンゼルスのFramestore社、そして日本を代表するCGプロダクションであるポリゴン・ピクチュアズ社からゲストスピーカーをお迎えし、SIGGRAPH Asia開催期間中の12月6日(木)に日本工学院専門学校におきまして「Global Roadshow, SIGGRAPH ASIA アウトドアセッション@工学院」と題して「FOUNDRY Winter Tour 2018」を開催いたします。第二部 CM制作のスケジュールで映画クオリティーを実現!それを支えるNUKE、MARI、及びFramestoreのマルチサイト・パイプラインとは(Framestore社)第三部 『GODZILLA 星を喰う者』CGメイキング(ポリゴン・ピクチュアズ社)

150以上のエフェクトを収録したプラグイン集「Ignite Pro」【PR】

Ignite Pro は、After Effects、Premiere Pro、Final Cut Pro X、Motion、DaVinci Resolve、Vegas Pro、Sony Catalyst Edit、EDIUS、Nuke、Avid Media Composer に対応した、150以上のエフェクトを収録したプラグイン集です。収録するプラグインは、クロマキー、パーティクルエフェクト、レンズフレア、ライト、カラーグレーディング、ジェネレーターなど、映像制作に必須な様々なツールを網羅しています。

作品紹介:IV. MAQAM SABÂ: WRESTLER (Harun Güler)