【アクセスベスト5】一覧
(http://creatorsheads/access_best)

■2010年5月10日~5月14日

◆No.1 NVIDIA、次世代アーキテクチャを採用した「GeForce GTX 400シリーズ」発表
https://www.creatorsheads.com/reflection/other-hardware/nvidia%e3%80%81%e6%ac%a1%e4%b8%96%e4%bb%a3%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%82%ad%e3%83%86%e3%82%af%e3%83%81%e3%83%a3%e3%82%92%e6%8e%a1%e7%94%a8%e3%81%97%e3%81%9f%e3%80%8cgeforce-gtx-400%e3%82%b7%e3%83%aa
NVIDIA は、次世代アーキテクチャを採用した「GeForce GTX 400シリーズ」の新モデル「GeForce GTX 480 [1]」「GeForce GTX 470 [2]」を発表。本シリーズは、"DirectX 11"、"NVIDIA PhysX"、"NVIDIA 3D Vision Surround テクノロジー"を統合させ、ステレオスコピック3Dによるシネマティックなビジュアルを実現します。 [1] http://www.nvidia.co.jp/object/product_geforce_gtx_480_jp.html [2] http://www.nvidia.co.jp/object/product_geforce_gtx_470_jp.html

-----

◆No.2 インテル、最大8コア/16スレッドのプロセッサー「Xeon 7500」発表
https://www.creatorsheads.com/reflection/other-hardware/%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%ab%e3%80%81%e6%9c%80%e5%a4%a78%e3%82%b3%e3%82%a2%ef%bc%8f16%e3%82%b9%e3%83%ac%e3%83%83%e3%83%89%e3%81%ae%e3%83%97%e3%83%ad%e3%82%bb%e3%83%83%e3%82%b5%e3%83%bc
インテルは、インテル Xeon(ジーオン)プロセッサー 7500 番台を発表。2〜256ソケットまで拡張可能で、既存の7400 番台と比べ、エンタープライズ・ベンチマークにおいて平均3倍のパフォーマンス向上を実現。4ソケット・サーバー最大20台を、パフォーマンスを維持しながら7500番台搭載のサーバー1台に集約することができます。

-----

◆No.3 AMD、世界初の12コアのプロセッサー「AMD Opteron 6000 Series」を発表
https://www.creatorsheads.com/reflection/other-hardware/amd%e3%80%81%e4%b8%96%e7%95%8c%e5%88%9d%e3%81%ae12%e3%82%b3%e3%82%a2%e3%81%ae%e3%83%97%e3%83%ad%e3%82%bb%e3%83%83%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%80%8camd-opteron-6000-series%e3%80%8d%e3%82%92%e7%99%ba%e8%a1%a8
AMD は、2Pサーバー市場と4Pサーバー市場をターゲットに、世界初の12コア/8コアx86プロセッサー「AMD Opteron 6000 Series」と次世代サーバー・プラットフォームを発表。前世代のAMD 6コア プロセッサーに対して最大2倍のパフォーマンスを提供します。

-----

◆No.4 Carl Zeiss社製 3D対応iPod/iPhone向けビデオアイウェア「cinemizer plus」発売
https://www.creatorsheads.com/reflection/other-hardware/carl-zeiss%e7%a4%be%e8%a3%bd-3d%e5%af%be%e5%bf%9cipodiphone%e5%90%91%e3%81%91%e3%83%93%e3%83%87%e3%82%aa%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%a6%e3%82%a7%e3%82%a2%e3%80%8ccinemizer-plus%e3%80%8d%e7%99%ba%e5%a3%b2
シネックスは、ドイツCarl Zeiss社製の3D対応iPod / iPhone向けのビデオアイウェア「cinemizer plus」(シネマイザー プラス)発売。cinemizer plusは640×480の高解像度に対応、約2メートル先にある45インチのディスプレイを視聴するのと同等の迫力を楽しめます。また、ピント調節機能(-3.5Dから+3.5Dまで)により、普段メガネを使用している方でも裸眼にてクリアな映像を観る事ができます。

-----

◆No.5 ソニー、高画質・大容量の4Kなど多様なフォーマットの素材をトランスコードする「MPE-T1000」発売
https://www.creatorsheads.com/reflection/reflection-hardware/%e3%82%bd%e3%83%8b%e3%83%bc%e3%80%81%e9%ab%98%e7%94%bb%e8%b3%aa%e3%83%bb%e5%a4%a7%e5%ae%b9%e9%87%8f%e3%81%ae4k%e3%81%aa%e3%81%a9%e5%a4%9a%e6%a7%98%e3%81%aa%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%83%9e%e3%83%83
ソニーは、高画質大容量の4Kから低ビットレートのプロキシ映像まで多様な映像フォーマットの素材を高速にトランスコード(フォーマット変換)できるマルチフォーマットトランスコードステーション「MPE-T1000」と、トランスコード機能に加え、最大4台のVTRから同時に映像素材を取り込む(インジェスト)機能を備えたマルチフォーマットインジェストステーション「MPE-L1000」を2010年度第2四半期発売。