映像関連最新ニュース 個別記事

2018年10月5日

共感するストーリーを構築するための実践テクニック「観客を惹きこむインビジブルインクの法則」発売

「オズの魔法使い」で、なぜ”脳みそがないかかし”が「ひらめいた! 」と新しいアイデアを思いつくのか? インビジブルインクとは、著者がその物語で読者に伝えたいことです。脚本やシナリオを書くときに、どんな作品にでも生かせる「ストーリー向上のための簡単な7ステップ」をベースに、インビジブルインクを活用して、自身のストーリーをより伝わりやすく、共感を与えるためのストーリーテリングを身に付けましょう。定価:本体2,800円 + 税