映像関連最新ニュース 個別記事

2018年9月10日

空間に浮かぶ3D映像を作り出す機器  3D Phantom(R)に、新サービス「Phantom Cloud」登場

3D Phantom(R)(スリーディー ファントム)とは、LED光源つきのブレードを高速回転させることで、空間に3D映像を作りだす機器。専用メガネをつける必要はなく、肉眼で3D映像を見ることができ、その圧倒的なインパクトと世界感で、店舗・会社エントランス・イベント・展示会・舞台の演出やアイキャッチなどにご利用可能。Phantom Cloudは、公式動画を利用したプレイリストの作成・再生に対応。花火、紅葉、サンタクロースなど季節に合わせた3D映像や、「グランドオープン」、「ハッピアワー」、「SALE」、「Welcome」などの3D映像を利用することで店舗やオフィスエントランス等での空間演出がより表現豊かになります。