映像関連最新ニュース 個別記事

2018年9月14日

キヤノン、業務用4Kビデオカメラのフラッグシップモデル「XF705」11月下旬発売

新製品“XF705”は、業務用ビデオカメラ「XF」シリーズのフラッグシップモデルです。優れた光学性能を持つ「L(Luxury)レンズ」、1.0型CMOSセンサー、映像処理プラットフォーム「デュアル DIGIC DV 6」の搭載により、4K / 60P / 4:2:2 / 10bitの高品位な映像が撮影可能です。また、放送やライブ配信に適した「HLG(Hybrid Log-Gamma)」とネット配信や映画の制作などに適した「PQ(Perceptual Quantization)」の2つのHDR方式を用途に応じて選択することができます。さらに、汎用性の高いSDカードにHDR映像を記録できるようにするため、画質を維持しながらデータの高圧縮が可能なキヤノン独自の新ビデオフォーマット「XF-HEVC」を開発、搭載しています。